HOME  |  お問合せ  |  サイトマップ  |  リンク集  |  創晶プロジェクト  |  創晶應心
会社情報 事業内容 FAQ 新着情報 ニュースリリース
◆◇第1回モノづくり連携大賞の特別賞を受賞しました◇◆


第1回モノづくり連携大賞において、「異分野連携による革新的タンパク質結晶化技術開発と大学発ベンチャー起業」が特別賞を受賞いたしました。
受賞者は森勇介、高野和文、井上豪、村上聡、松村浩由、佐々木孝友、牧祥、北谷友也、吉川洋史(大阪大学)、安達宏昭、熊倉三重子(株式会社創晶)、辻丸光一郎(辻丸国際特許事務所)、上田良樹、草場信仁(三菱商事株式会社)の14名です。
2002年に大阪大学工学研究科を中心に、ポストゲノム時代で重要となるタンパク質構造解析において不可欠なタンパク質結晶化の技術開発を目的とする若手を中心とした異分野連携の「大阪大学創晶プロジェクト」が発足し、創薬分野でこの画期的な結晶化技術を活用してもらうために、大阪TLO、弁理士、総合商社などと連携し、大学発ベンチャー起業に向けた活動を開始しました。
産学連携で、タンパク質の結晶化・結晶加工に関する画期的な種々の技術・装置を開発し、その技術・装置を基に、2005年に大阪大学発ベンチャーの株式会社創晶を設立しました。
このように、多様な人材とそのネットワークにより、新しいカタチの大学発ベンチャーを設立した取り組みが高い評価を得ました。
今後もこの連携を活かして新技術を開発し、少しでも創薬やライフサイエンスの研究分野に貢献していきたいと思っております。

※「第1回モノづくり連携大賞」は、日刊工業新聞社が主催し、産学官連携の優れた事例を顕彰し、我が国産学官連携の一層の普及発展につなげる趣旨で新設されたものです。

※2006年10月11日に東京・有明の東京ビッグサイトで開かれる「産学官技術交流フェア」会場で贈賞式を行われ、審査委員の日刊工業新聞社の千野俊猛社長より賞状・トロフィーを贈呈されました。


表彰式に参加した受賞者と審査委員(写真提供:日刊工業新聞社)
表彰式に参加した受賞者と審査委員
(写真提供:日刊工業新聞社)

日刊工業新聞社の千野俊猛社長から表彰状を受け取る森勇介(写真提供:日刊工業新聞社)
日刊工業新聞社の千野俊猛社長から表彰状を受け取る森勇介
(写真提供:日刊工業新聞社)

第1回モノづくり連携大賞特別賞の表彰状
第1回モノづくり連携大賞特別賞の表彰状

著作権について
 
 
Copyright (C) 2003-2017 SOSHO. All Rights Reserved